*

更年期障害と上手く付き合う

アラフォーになると、そろそろ頭をよぎるのが更年期障害です。気持ち的にはまだ若いと思っていても、徐々に違和感が出始めているのが現実です。

毎月定期的にあった生理も、段々周期が短くなって来て月に2回あると言うこともあります。そうかと思えば、平均7日間で終わっていた生理が出血量は減りますが、21日間も続くこともありました。

そして、プレ更年期障害と言うのか分かりませんが、自分の意思とは反して勝手に汗が出て来てしまったり、突然上半身が熱くなって来ることが24時間の中で何度も起きます。

これを止めようと思えば思うほど、焦ってしまい返って逆効果になって精神的にも参って落ち込んでしまいます。いずれ、本格的な更年期障害がやって来るのは仕方のないことですが、何か今から対策をしておくことは出来ないかと調べてみました。

更年期障害の症状は個人差があるようで、特に下半身が冷えている人に出るそうです。それなので、とにかく日頃から冷やさないようにすると共に、積極的に下半身を中心とした運動やストレッチを行うと良いそうです。

あとは、体のツボを押して行くことも有効で、足にある「三陰交(さんいんこう)」は、女性特有の症状に効果があるようです。内側のくるぶしから、指4本分上にある場所です。

私も最近このツボを時々押していますが、体が何となく温かくなって全身に血液が行き渡るような感じで、スッキリして気持ちが良いです。これからはツボ押しと下半身を積極的に動かして、更年期障害を乗り越えたいです。
http://superslimkamakura.com/menu2.html